リア・リジッドサスペンション車をローダウンした際に車輌の構造上リアアクスルの位置ずれが発生します。

これは車高を下げることでラテラルロッドのアクスル側の取付位置とボディー側の取付位置の高低差が縮まる事によりアクスル側の取り付け位置がラテラルロッドにより外側へ押し出されます。

リアアクスルの位置が左右にズレてしまうことで、アライメントや直進安定性の違和感が生まれる場合があります。また、特にフェンダーに対してシビアなホイール・タイヤを使用したドレスアップ時に片側だけタイヤが飛び出したり干渉するなどのトラブルが発生します。

そこでラテラルロッドを調整式に交換し、外に押し出されてしまった分のラテラルロッドを短く調整するこで、左右均等な位置へアクスルの位置を補正する事が可能となります。これによりアライメントのを細かく修正できたり、ボディーとの干渉の防止、タイヤの偏摩耗を防ぐことが出来ます。

ターンバックル式採用

取り付けたまま調整が可能となるターンバックル式を採用。これにより、車高を調整時やアライメント調整時に一緒に調整することが可能となります。

強化ウレタンブッシュ

取り付け部分のブッシュは強化ウレタンブッシュを採用。これにより、アクスルの支持剛性をたかめることにより走行中のアライメントの変化を抑制し、シャープな運動性能を実現します。

スチール製ロッド

強度を確保しつつ、重量の増加を抑えるためスチール材を使用しロッドを制作。ハードな走行にも対応します。なによりも純正部品に比べクロームメッキなので目立ちます。